匠の技、こだわり名刺職人


機械1   機械2
名刺・はがき専用印刷機(特色刷専用)プレクスターARX(UV仕様)


 名刺にこだわるお客様の良きサポータでありたい。
 真心込めてひとつひとつ仕上げる和幸の名刺を、ビジネスでおおいにご活用ください。

 ■当社のノウハウと実績

営業マン
当社は創業以来27年間、名刺、ハガキ、封筒などの事務印刷を中心に営業してまいりました。印刷物において金額、納期、品質、これらの3点はいずれもはずすことのできない重要なポイントです。
特に会社の看板と同時に人間の顔と同じでもある“名刺”に関しましては創業当初以来こだわりを持ち続けてまいりました。 より良い名刺を出来る限り低価格で納期も確実に…。
しかし時代は変わり、ただ紙質や色などにこだわりすぎたり、金額だけをかけても決して良い名刺とは言えなくなってまいりました。 では、安いだけでも良いのでしょうか。
個人名刺でもそうですが、ビジネス名刺になりますとやはり、その会社のイメージやセンス、そして信頼性を1枚の名刺で相手に伝えなくてはなりません。特に初めて商談を行う際には第一印象も大切な営業戦略です。
名刺は業種、業界によってもイメージが違ってきます。
紙質から書体、刷色まで、その業界では、よく使用されるものや逆にあまり使用されないものを使って、インパクトを与えることもできます。
レイアウトではロゴの位置や氏名等をどこに配置するかによっても同じ書体、刷色、紙でも受け取った相手に与える印象は違ってきます。
紙や印刷の色を変えなくても、社名やロゴの位置を少し変えただけでも、人がヘアースタイルを変えると印象が変わってくるように会社のイメージチェンジをすることができます。
また、最近は環境問題に関心を示すお客様も多くなってまいりました。
当社の手がけてまいりました名刺は様々な業種の方々の名刺があります。
どのような名刺を作ろうか、とお考えの方は“こだわり名刺見本”“ビジネス名刺見本”を参考にしていただければと思います。
個人、法人を問わず新規に名刺を作成したい、デザインを一新しイメージチェンジをしたいなど名刺に関する様々な相談も承ります。
それでは、こだわり名刺職人が作り上げた“こだわり名刺見本”をゆっくりとご覧下さい。

 ■こだわり名刺見本

こちらの名刺はすべてオフセット印刷仕上げです。
当社では再生紙、非木材紙、大豆インキの使用など、グリーン購入法に適合した製品も多数取り扱っております。
その他、お客様が作成されたデータからの印刷やイラスト、写真入りの名刺、カードの印刷も承ります。

1 2 3
紙:ケント紙134k(ホワイト)
刷色:墨(ベタ部分アミ)、藍 2色刷
紙:ヴァンヌーボホワイト
  (表面に若干凸凹あり)
刷色:特色ブルー1色刷
紙:プリンス(アイボリー系)山桜製
刷色:墨、特色グリーン 2色刷
4 5  
紙:YKカード、ギンネズ(グレー系)
  山桜製
刷色:墨 1色刷
紙:アートポスト180k 光沢あり
刷色:墨、特色ピンク 2色刷
 
6 7 8
紙:厚口、若桜(山桜製)
刷色:墨 1色刷
紙:再生紙100%
刷色:墨、紺藍 2色刷
紙:TOマット 微光沢
刷色:墨(フィルム、カメラ)、特色グレー(文字)
1 9 10
紙:厚口、白桜(山桜製)
刷色:墨 1色刷
紙:ケナフ(非木材紙)
刷色:墨 1色刷
紙:アラベールホワイト
刷色:オレンジ、1色刷

今後も、こだわり名刺見本を増やしていく予定です。名刺を作成される際のご参考にしていただければと思います。 また、こんな名刺を作ってみたいけど、書体は、紙質は、金額と納期はどれくらい等々名刺に関するご相談を承っておりますので、ご遠慮なくメールにてお問い合せください。 尚、当社で作成させていただきましたお客様の名刺を見本として掲載させて頂く場合もございますが、事前にお客様より承諾をいただきました名刺のみ見本として掲載させて頂きます。 その際、個人情報漏洩防止のため電話番号(携帯)、住所、メールアドレス等一部を消去または架空の番号で掲載させて頂きます。

ホームトップへメール御見積書体見本

  

ビジネス名刺


ビジネスの取引において使用される名刺。
91cm×55cmという小さなスペースでずが、
そこに表示されている情報は、大きな役目を果たしています。
たとえ小さい紙でも相手に与える印象と信頼は大きなものです。

名刺は人と人、会社と会社とをつなぐ架け橋です
ビジネス名刺も少しだけこだわってみますと、大きなイメージアップになります。
営業マン
  デジタル名刺印刷機
2000Pro-V

 ■業務用名刺について

会社で使用される名刺はデザインや紙質、刷色など、大半のものはビジネス用として、ほぼ同じようなパターンで作成されています。
業種やお使いになる方の仕事の内容によって、別ページにある“こだわり名刺”のような、パターンもございますが、ほとんどはビジネス名刺見本のレイアウトのような名刺です。
また、ビジネスで大量に使用される場合、デザインよりも納期と価格にウエイトをおいている名刺が多いのが現状です。
しかし、いくら安い名刺といいましても、安かろう、悪かろうでは会社のイメージダウンになりますし、良い営業展開は望めません。会社のロゴマークなどは決められた指定の色で印刷し、自社のブランドイメージを守るためにもデザインとデータの管理も重要になってまいります。
名刺は作成方法によって金額、納期がある程度変わってまいります。
会社のロゴマークなどの入った台紙は、会社の看板(顔)とも言える部分です。
作成枚数にもよりますが、紙等はまとめて購入し、台紙を1年間で使用される数をストックし社名、氏名等はデジタル印刷などで後から刷り込むという方法(オフセット印刷+デジタル印刷)が今のところベストな制作方法です。
また、人事異動が多い会社でも移動前に名刺が無くなってしまっても必要な枚数だけ作成することもできます。
デジタル印刷(スミorグレー他6色)は通常のオフセット印刷より安く、1枚からでも作成が可能なため普段あまり使用されない部署でも30枚、50枚など、100枚=1セットでなくても作成できます。
その他名刺のデータを加工すれば名刺の発注用だけではなく社内の人事用データベースとして活用することも可能です。

 ■ビジネス&既製名刺見本

こちらの名刺はすべてデジタル印刷仕上げです。
電話とFAXの欄には携帯電話・E-mail等の情報を追加できます。
印刷前にPDFもしくはFAXにてお客様に刷見本をお送りしてから印刷いたします。

1 2 3
No.1 No.2 No.3
4 5 6
No.4 No.5 No.6
7 8 9
No.6 No.7 No.8

こちらの既製見本にはお客様の御希望により会社のロゴマークを入れることも可能です。
価格はロゴの色や紙質、作成枚数によって大幅に変わってまいりますので、御見積を致します。お気軽にお問い合せ下さい。

ホームトップへ特商法に基づく表示書体見本お役立ち情報メール御見積